費用を確認しよう

白い電卓のキー接写

個人事業主であれ、法人事業主であっても会社設立からおつきあいが始まる法律の専門家のひとつである税理士はとのの出会いは大変重要なものとなります。
専門サービスとしての税務処理(会社設立時の申請書、事業計画、確定申告等)は当たり前ですが、以外にも法律特に税務のプロとして多くの企業(多方面にわたる業種の企業)と付き合いを深めている税理士は、深い知識と見聞を持っているのです。
この生きた情報は、経営の世界で人脈作りに無くてはならないものと将来発展していくのです。
良き会社のパートナーとしての法律、税務以外でも専門サービスを知り得る機会を大切にして相談窓口の橋掛かりにすべきなのです。
ここから繋がる業界への第1歩が起業成長への複数の道と成り得るのです。

また良き税理士に出会うことは、各種税務処理(帳簿の記帳、税務申告)以外でも頼みたくなるほど知識と経験に富んでいます。
これは、知識の教授すべてが税理士に支払う経費ではないことを知る必要があるのです。
普通経営初心者は、どこかの経営セミナーとかに有料で出かけて勉強するなど当たり前のように行われていますが、一人の優秀な税理士と出会うだけで経営から税務そして事業戦略に至るまで、親身に相談に乗ってくれるものです。
これは、その税理士さんがまた別企業で顧問をされた場合の知識に結びつくからこそのプラスの発想から来ているのです。
学びはいつも単方向でないことを良き専門サービス業である税の専門家から学びとることが結果的に費用面で安く付くことになるのです。