まとめサイトもある

TAXの白い文字看板

税金の支払いに関する相談ができる専門家として、税理士がいます。
税理士は国税や地方税など、様々な機関から課せられる税金の相談ができます。
税金は賦課する主体だけでなく、賦課される主体によっても様々な種類があります。
税理士もそれと同様に独自の専門分野を持っている人もいます。
例えば所得税や相続税、贈与税などの主に個人に課せられる税金に強みを持っている専門家もいます。
その他にも事業者が支払うべき税金に高い専門性を持っている人もいます。
そうした人に詳しく相談できる税金としては、法人税や事業税、消費税などがあります。
その他にも酒税やたばこ税、軽油引取税などの個別の税金に高い専門性を持っているような人もいます。

税理士が行っている税に関する専門サービスとしては、税に関する各種の相談があります。
自分が課税対象となるのかという相談にも答えています。
また課税対象にならないためには、どのような条件を満たせば良いのかという相談にも乗っています。
その他にも税理士は課税標準額の計算や、納税額の計算なども依頼者に代わって行っています。
帳簿を記載している事業者の場合でも、帳簿の処理と税務上の処理方法が異なっている場合もあるために、そうした違いを修正しながら、正しい課税標準額の計算を行います。
また課税標準額から計算された税額から控除できる金額なども計算しています。
依頼者が控除の対象になっているかどうかを確認して計算を行います。